UP 2016.11.26 やまぼうし
台湾の旅(1)往路・台中
本記録は、自然同好会の台湾5日間の旅行記です。関空→台中(日月潭)→嘉義(阿里山)→高雄(蓮池譚)→台北(故宮・九份)→関空を、台湾の旅(1)~(5)および番外編にまとめています。見出しの行程の日にちをクリックすると該当日にジャンプすることもできます。
■日程:2016.11.7(月)~11.11(金)
■場所:台湾 台北~高雄
■同行:自然同好会30名
■旅行社:阪急交通社
■行程
第1日:関空→台北桃園空港→桃園→(新幹線)→台中→宝覚寺
  第2日:台中→日月潭・文武廟・九族文化村→嘉義・呉鳳廟
  第3日:嘉義→阿里山→高雄蓮池譚公園・龍虎塔・慈済宮・高雄港
  第4日:高雄→(新幹線)→台北→九份・忠烈祠・故宮博物院
  第5日:台北市内観光→台北桃園空港→関空

行程
(地図クリックで拡大)

第1日(2016.11.7)
1.1 関空→台北桃園空港
 自然同好会30名が関空に集合する。男性8名、女性12名と5組の夫婦連れ。台湾5日間、添乗員同行の特別オーダーの旅である。もともと6日間の予定が台風災害で短縮となった。私にとっては中国4回目の旅、日本統治下にあった台湾は是非訪れたいと思っていた。関空発10:00発チャイナエアライン159便(A330-300)は僅か2時間のフライトで台北桃園空港に到着する。時差は1時間、時計を合わせる。

関空ツアー受付

搭乗 チャイナエアライン159便

機内  A330-300(エアバス)

フライト2時間
1.2 桃園→台中
 桃園空港迎えの専用バスで新幹線(高鐵)桃園駅へ。車中で、添乗員Nさんと現地ガイド朱さんのご挨拶。朱さんは大学の第二外国語に日本語を選択、ガイドの道をえらんだという。日本語はまあまあだが、シニア年代にしては声はでかいし、張り切りボーイだ。車内で¥5000を1450元に両替。クレジットが使えるとのことで飲み物代ぐらいあればいい。1元=3.5円の勘定である。
 新幹線桃園駅から台中駅まで約40分新幹線に乗車する。オレンジカラーの車体は日本の「のぞみ」とほとんど変わらない。2007年開業、台北市・南港駅から高雄市・左営駅までの345kmを最高速300km/h、ノンストップ便では所要時間約1時間30分で結ぶ。日本(川崎重工)の新幹線の車両技術を輸出・現地導入した初めての事例である。走行中の電光掲示板は283kmを示していた。

専用バスで桃園駅へ12:55

添乗員Nさんとガイド朱さん

新幹線桃園駅

新幹線(高鐡)桃園14:10

新幹線車内

台中駅下車14:50
1.3 宝覚寺
 台中駅から再度専用バスに乗り、宝覚寺へ。おっと、座席のシートベルトの金具がない。隣と縛ったもののなんの役にもたたない。明日までに修理しておくとは言っていたがそのまま。やっぱり中国だ。車窓の風景を写真に撮りたいと思っていたが前席3番目ぐらいまでの窓は薄茶色の遮光ガラスである。車に弱い私だが、翌日から展望のいい最後尾の席に移ることにする。さすがにシニア自然大学生、車窓からのぞく街路樹に目が留まる。中国名ランス、日本名アカギというと朱さん。黄色いのは花ではない。
 宝覚寺は1927年(昭和2年)まだ台湾が日本統治時代であった時に建立されたお寺で、戦前、台湾中部で亡くなった多くの日本人移民の遺骨が奉納されていると伝えられており、境内には日本人遺骨安置所があります。本堂の右手奥にすすむと、見上げるばかりの金ピカの大仏様が迎えてくれます。弥勒菩薩の化身と言われる「布袋様」で、眺めていると気持ちがおおらかになります。

台中街路樹ランス? 日本名アカキ

宝覚寺15:40

日本人英霊鎮魂碑

弥勒仏像(布袋様)
1.4 ホテル
 今日の泊りは台中兆品酒店です。部屋に入ったら水が出るか、テレビがつくかなど必ず点検してくださいと添乗員さん。高級ホテルでもいろいろ不具合があるらしい。翌日以降もホテルに到着するとまずは設備の点検をすることとなった。日本では信じられないこと。トイレは水洗だがウォッシュレットとはいかなかった。

台中 兆品酒店(メゾンデシンホテル)17:25

部屋割り

ベッドルーム

トップに戻る     ◇台湾第2日へ

inserted by FC2 system