UP 2019.9.28 やまぼうし
MNC山歩会 2019年9月例会
近江富士 三上山
野洲駅~表登山道~山頂~裏登山道~山出前バス停 ・・(🚌)・・野洲駅
 ◇ 日時:2019年(令和元年)9月16日(月・祝)、天気 晴れ
 ◇ 集合:JR野洲駅  9:50
 ◇ 行先:三上山(432.0m)  歩行 約7km 歩行時間 3.5時間
 ◇ 参加者:MNC山歩会 15名(男9、女6)


<御上神社付近からの三上山>
コースタイム:
JR野洲駅9:45~御上神社10:15~表登山口(10:20~10:35)~妙見宮跡10:55~二越11:10~割石11:22~男山頂上(12:00~昼食~12::30)~裏登山道~打越(女山分岐)13:05~天保義民碑(13:25~13:30)~裏登山口13:35~山出前バス停13:40/13:53・・・(滋賀バス)・・・野洲駅14:05
行程案内図

新幹線で滋賀を通る際に車窓から見ることができる山の一つ。平野部の残丘でよく目立ち、別名「近江富士」とも呼ばれる高さ432mの山。関西100名山。ジュラ紀の丹波帯付加コンプレックスからつくられていてチャートを見ることができる。この山を7巻半した「大ムカデ」を弓矢で退治しという伝説が残り「ムカデ山」ともいう。麓に鎮座する御上神社の御神体でもあり、山頂には奥宮が祀られている。
‟打ち出でて 三上の山を 詠れば 雪こそなけれ 富士のあけぼの”(紫式部)
‟三上山のみ夏知れる姿かな”(松尾芭蕉)

本文
「表登山道」
 野洲駅を東に8号線で右折、三上山のなだらかな美しい稜線、ところどころ刈り取りの終わった田んぼを観ながら御上神社へ。御上神社は三上山を神体山とし、天之御影神をまつる。神社前を左折表登山口より三上山を目指す。いきなり階段の連続だ。スギ、ヒノキが多く、展望は全くない。

御上神社

表登山口 標高105m

いきなり階段
妙見堂跡地で一息つくが、また階段だ。二越で中間点を過ぎる。頂上まであと400mだがこれからが大変だ。

妙見宮跡180m

二越240m(山頂まで400m)

二越岩場から山頂を望む

割岩<これが噂の『メタボ健診』ポイント>
大きな岩と岩の間に人一人だけ通れる割れ目、男女各1名が通過、残念ながら他はパス。

割岩305m

男女2名が通り抜けた

険しい岩場登り350m付近

岩場から琵琶湖・比叡山の展望 流れは野洲川
「山頂」
割岩から続く岩場登りをこなし、1時間15分で山頂に到着する。標準40分とは健脚の若者の時間だ。しかし、小さな子供や赤ちゃんを抱いた主婦まで登ってくるには驚いた。立ち木に囲まれて展望はないが気温22.5℃と涼しい。お昼とするがしばらくは食欲なし。

岩場の登りが続く 380m

御上神社奥宮(頂上直下)、手前は磐座 420m

三上山頂上432mで昼食

三上山山頂で 432m

「裏登山道」
裏登山道を下る。表登山道は岩場が多く健脚向きだが、裏登山道はスギ、ヒノキの木の根道が多く一般向きである。約1時間で下山する。シーズンの9/23~11/3は入山券500円が必要であった。今日はセーフである。

東竜王422m

木の根道を下る400m

打越(女山分岐)250m

保民祠と天保義民碑(クリックで案内板拡大)120m

裏登山口へ下る105m

9/23~11/3は入山券¥500が必要

山出前バス停
今日は、天候にも恵まれ、参加者15名と盛況でした。小学生の遠足でも登る山と聞いて楽観していましたが、階段の連続と頂上直下の岩場登りの連続に、後期高齢の私ににとってはハードな山登りでした。
やまぼうし

 ◇トップに戻る

inserted by FC2 system